midi版はこちら    mp3版はこちら  ただいまMP3で演奏中

月の沙漠

【作詞】加藤まさを
【作曲】佐々木すぐる
【MIDIデータ作成協力】マルちゃん

 1.月の沙漠をはるばると
   旅のらくだが行きました
   金と銀との鞍置いて
   二つならんで行きました

 2.金の鞍には銀のかめ
   銀の鞍には金のかめ
   二つのかめはそれぞれに
   ひもで結んでありました

 3.さきの鞍には王子さま
   あとの鞍にはお姫さま
   乗った二人はおそろいの
   白い上着を着てました

 4.広い沙漠をひとすじに
   二人はどこへ行くのでしょう
   おぼろにけぶる月の夜を
   対のらくだはとぼとぼと

    砂丘をこえて行きました
    黙ってこえて行きました


 大正12年3月「少女倶楽部」

やっぱ、この曲は月光仮面抜きには語れませんな。

月光仮面の歌
【作詞】川内康範
【作曲】小川寛興
【 歌 】 三船 浩

1.月の光を 背にうけて
  仮面にかくした この心
  風が吹くなら 吹くがよい
  雨が降るなら 降るがよい
  愛と正義の 為ならば
  何で惜しかろ この命
  我が名は月光 月光仮面

2.辛いだろうが 今しばし
  待てば幸福 やってくる
  まずしい人よ 呼ぶがよい
  悲しい人も 呼ぶがよい
  心正しき ものの為
  月よりの使者 ここにあり
  我が名は月光 月光仮面

1行目〜4行目はほぼそのまま。
5〜6行目は、3〜4行目の繰り返し
7行目は、月の沙漠の最後の行
といった感じに近かったです。

とにかく、この曲が流れると、月光仮面が現れるんですね。どくろ仮面は最初にぎょっとして、あたりをウロウロと探して、「あっ、あそこだっ!」って指差すと、そこに、颯爽と月光仮面が、大きなスピーカを背負ってカラオケを流しながら立っているんですね。
いや〜〜、ワクワクしながら見てましたよ。

ところで、題名。「月の砂漠」でも間違いないのですが(JASRACの登録を参照してください)、上記の通り「月の沙漠」が正式なタイトル。ともしびの「うたの世界533」と「1000曲集」「うとて」は砂漠派。ラウムは「沙漠」になってました。
ついでながら、英語のタイトルは、Moon Over the Desertですか?月の沙漠じゃなくて、沙漠の月じゃないかな。
サンタナの「Caravan Saray」のレコードジャケットはそんな雰囲気でよかったですね。でもさ、確かに、云われりゃ、日本語タイトルを関西人の突っ込み風にいいますと、「月に沙漠はあんかい?」ってことになりますね(あるけど)。だって、この曲、千葉県九十九里の海岸がモチーフになっているんですよね。まあ、こういうあいまいな所が日本語の便利な所なんですね。

JASRAC情報

製作日誌:
平成16年9月16日 歌詞のみ
平成16年9月19日 MIDIをアップ
平成16年9月20日 お馬の親子バージョンから作り変えました。