ヒロシマの有る国で

【作詞】 山本さとし
【作曲】 山本さとし

1.八月の青空に 今もこだまするのは
  若き詩人の叫び 遠き被爆者の声
  あなたに感じますか 手のひらの温もりが
  人の悔し涙が 生き続ける苦しみが
  わたしの国とかの国の 人の生命(いのち)は同じ
  このあおい大地のうえに同じ生を得たのに
  ※ヒロシマの有る国で 
   しなければならないことは
   ともるいくさの火種を 消すことだろう

2.かの南の国では 大国がのしかかり
  かもくな少年らが 重い銃に身をやく
  やせた母の胸に 乳のみ子が泣きさけび
  はだしではだかのまま 逃げまどう子どもたち
  故国の土をふむことも 家族と暮らすことも
  許されない戦争がなぜに今も起こる
  ※ くりかえし

  私の国とかの国の 人の生命(いのち)は同じ(平等)
  このあおい大地の上に同じ生を得たのに
  ※ くりかえし x 3


作者、山本さとしについては、こちらのオフィシャルホームページから。
1983年に、作者が日本社会事業大学のうたごえサークルに所属していたときに作ったものです。「もっと若者のエネルギーを燃焼させよう」という趣旨が込められており、最初のやさしいイントロ部から、段々と盛り上がってゆく曲想は、平和コンサートや平和行進にぴったりですね。
この曲も、アザレア合唱団のはるかサンからリクエストを頂戴しました。

JASRAC情報

製作日誌:
平成15年3月9日 歌詞のみ
平成15年3月10日 MIDIデータβ版を作成しました。テンポなどいかがですか? 後半部分からの盛り上がりが欠けてるかな?
平成15年3月13日 MIDIデータβ2版を作成しました。コーラス部のコードが違っていたので直しました(はるかサン、いつも有難う)。後半への盛り上がりは難しいですが、いかが? きたがわてつの演奏を参考にして、女性コーラス部をCrystal系の音でやってみました。
平成15年3月15日 出だしの歌詞がミスタイプでした。はるかサンから、「八月の青い空に」を「八月の青空に」にお願いします、とご指摘をいただきました。
平成15年4月9日 最後の「ヒロシマの〜」の繰り返しを2回追加しました。
この部分のドラム伴奏を推敲してます。(10-11日)
平成15年4月16日 3行目「あなたに感じ」の「か」の音が、Cになってましたが、#Dに変更。久留米のはるかサンのご指摘です。マイド有難うさんです。
平成15年4月26日 きたがわてつ風の演奏として、EndingのギターAdlibを鉄ちゃんに採譜していただきました。
最初のワンコーラスのドラムパートでSnareSoftをSnareに変更しました。XGのSnareSoftはGSではStickになっており、GS系音源の方は、スティックたたく音が聞こえていたと思います。
平成15年4月29日 4/27 「人の命は同じ」のバックをメロディに合わせた部分のパーカッションを強化。
4/29 「しなければならないことは」の「事は」のバックをメロディに合わせて、ドラム連打を追加しました。
平成16年3月14日 最後の繰り返しを2回にしたカラオケバージョンをご希望の方はこちら